原二最強説

バイク界では、手始めに買うなら原二が最強であるといわれる。何がどう最強なのか興味のある方はググっていただきたい。要するにバイクならでの便利さを最大限享受しながら金がほとんどかからないということである。趣味でなく、生活を便利にする足として買うなら最強であるといわれている。

で、これに対する個人的意見だが、まさにその通りである。自分は多摩地区に住んでいるが、ホムセンやらスーパーやら図書館やら、家から数キロのところに便利な施設が点在しているような環境だとこれ以上の乗り物はない。逆にこれがあれば、家からちょっと離れたところにある便利な店にも気軽に行けるようになって生活の幅が広がる。完全に自転車の上位互換である。最初はヘルメットをいちいち被るのがめんどくさいんじゃないかと思っていたが、そんなことはない。

ただこれが都心で使えるかというと、かなり話が変わってくる。都心における原二(というかバイク全般)最大の弱点は駐輪場がないことである。店舗に停めるにしたって、原一までは自転車扱いだけど原二以上は車と同じで有料だったりすることが多い。駐車料金なんぞいちいち払っていたら原二のメリットは完全に消える。したがって都心にはバイクの違法駐輪があふれている。これも緑のおじさんに取り締まられれば9000円だ。やってられない。

したがって巷で言われる原二最強説は都心および大きな駅周辺では残念ながら通用しない。個人的に友人がみなアーバンライフ満喫してる勢なのでバイクの便利さを全く伝えられないのが惜しいが仕方ない。しかし自分は都会嫌いなので今後もカブちゃんを手放すことはなかろう。どうせ壊れないし。

どうでもよいが、車もバイクも耐久性が高すぎる業務用のを買ったので、結局死ぬまで乗り換えない可能性もある。まあそのうち電気自動車しか認められない世の中になるかもしらんけど。

カブちゃんについて

先日スーパーカブ110を買った。新車である。JA44のバージンベージュってやつである。以前からスーパーカブには興味があって免許だけ去年取っていたのだが、株が儲かってからカブを買おうと思っていたところ、なかなか思った額まで到達しない。仕方ないので先に買ってしまった。金など後からどうとでもなろう。

販売店ではオプションを一切つけなかったのだが、自分でパーツを買って後付けした。まずウインドスクリーン。これは旭風防がかわいいショートバイザーを出しているのでそれにした。最初はいらないんじゃないかと思ったが、60キロ出すと胸に当たる風が結構すごいので、いずれ行くであろう長距離ツーリングのためにも必須だと思った。効果も抜群だしカブにとてもよく似合う。取り付けも簡単だった。

次に箱をどうするか悩んだ。スーパーカブはノーマルだと収納がほぼゼロといっていいので、基本的には何らかの箱orカゴをつける必要がある。カブなのでどれだけダサい箱を付けても似合うのだが、個人的にレトロかわいい子が好きなので木箱をつけることにした。ちょうど近所のIKEAにいい感じのサイズのものが安く売っていたのでそれを買った。問題は塗装である。ネットでカブの画像を落として、ペイントソフト上でいろんな色の箱を付けた場合の見た目を試してみたが、非常に濃い赤(ただし茶色ではない)が似合うという結論になった。しかしこの色が売っていない。茶色はあるが茶色は似合わない。自分で赤と茶色を混ぜて作るしかなさそうだった。が、ちょうどホームセンターの塗料コーナーの一番下の段にベンガラと柿渋があったので、これだとひらめいた。

調べてみると、ベンガラ柿渋は確かに古くから使われる屋外塗装だが、摩擦には弱いし対候性も一般的な水性塗料以下になってしまう。がそんなことはとりあえずどうでもいいのである。とにかくこっちには時間はいくらでもあるし、IKEAの箱も安いから、もしうまくいかなければ買いなおして塗りなおせばよい。というわけで少々値は張ったがこれでいくことにした。ベンガラの後に柿渋を2回塗り、かつ安価な乾性油として家にあったグレープシードオイルで仕上げた。キャリアのサイズを測って固定具もホームセンターであれこれ探し、マキタのドリルまで買って、ようやくうまいこと固定できた。上部は伸縮性のツーリングネットで覆った。

だがこの箱には一つ大きな問題があった。乾燥して仕上がった後でも、擦るとベンガラが手につくのだ。いや、手につくだけならいいが、箱に放り込んだ手袋にもヘルメットにもカバンにも赤い汚れがついてしまい、しかも落ちない。これは困った。結局木箱の内側にちょうどはまるようにプラ板でも切って貼ろうということになった。が、ホームセンターに行くと、木箱の内寸に驚くほどぴったりのサイズの薄手のプラ箱があり、それをそのまま使うことができた。これでようやく箱問題も解決である。というのが昨日の話だ。とはいえまだ完全に解決はしていない。木箱なので今後どこに緩みや歪みが出てくるかわからず、まだ要注意といったところである。走行中に分解したらことだ。

後ろに箱を付けることで買い物もできるようになったし、大いに便利になったが、ひとつだけ問題もある。それは乗るときにセンターをまたぐ必要が出たことだ。スーパーカブの構造上、それほど難しくはないのだが、センターには今後ベトキャリの装着を考えている。そうなると結構乗りにくくなりそうで、いまちょっとだけそれを躊躇している。まあ慣れればなんてことはないのだろう。やはり手の届くところに小物置きがあると助かる気がするのである。ドリンクホルダーとかね。

まあそれより目下一番の悩みはヘルメットがヤマハ製な上に真っ黒のジェットで、雰囲気ぶち壊しってとこである。

あけましておめでとう俺

今日はまず洗車をし髪を切りホムセンで買い物をしバイク屋でツーリングネットを買いメイン水槽にアカヒレ5匹を導入しスーパーカブをメンテに出してスーパーで買い物をし人生初のサーティーワンのアイスを食べ昨日壊れた電動髭剃りを買いなおしゲーセンでDDRを踏み家で寿司とヱビスビールを飲んだえらい。

あと本日から自立浅川音楽大学に入学しました。

はぴば。

南にあるのに北品川とはこれいかに

北品川駅って品川駅より南にあるよな、という疑問は以前から持っていたが、探せばこういう組み合わせはほかにもあるのではないか。ということで2019年6月現在日本に存在する鉄道の駅名と位置関係を調べまくってみた。人力なので見逃しもあるかもしれないがご了承あれ。

駅名と位置関係が符合しない理由についても調べたのだが、これは様々なパターンがあるうえに歴史が絡んでいて判然としないものも多く、下手な推測を書くのもよくないと思うのであえて示さない。ちなみにパターンとしては、

  • 2つの駅名が成立した年代が異なり、それぞれの時代における地名に従った
  • 駅の位置関係より由緒ある旧地名を優先した
  • 他社線の駅名に合わせる必要などないキリッ
  • ???

などがあった。では以下オンパレード。なお地図画像を使いたかったのだが、Google様のポリシーによりスクショを改変して載せてはいけないらしく、そうするとかえって見にくいので省略した。

大館・東大館

秋田県。東大舘駅は大館駅よりちょっとだけ西にある。というかほぼ南にある。

塩釜・西塩釜

宮城県。西塩釜駅は塩釜駅より東にある。ちなみに本塩釜駅から見ると正しい位置にある。

品川・北品川

東京都。北品川駅は品川駅より南にある。

中央林間・東林間

神奈川県。東林間駅は中央林間駅より西にある。というかほぼ北にある。

枇杷島・西枇杷島

愛知県。西枇杷島駅は枇杷島駅より東にある。ちなみに西枇杷島駅は構造的にめちゃくちゃ面白い駅である。

桑名・西桑名

三重県。西桑名駅は桑名駅より東にある。というかほぼ隣接している。

天下茶屋・北天下茶屋

大阪府。北天下茶屋駅は天下茶屋駅よりちょっとだけ南にある。少なくとも北にはない。というより完全に東にある。ちなみに天下茶屋の読みは「てんがちゃや」である。

向日町・東向日

京都府。東向日駅は向日町駅より西にある。

灘・西灘

兵庫県。西灘駅は灘駅より東にある。ちなみに王子公園駅も旧駅名は西灘駅で灘駅より東にあった。さらに摩耶駅の旧駅名は東灘駅で、さらにその旧駅名は灘駅。もはや意味不明。

青原・東青原

島根県。東青原駅は青原駅よりちょっとだけ西にある。というかほぼ北。ちなみに益田と津和野の間にある。

おまけ1 伊予市・南伊予(建設中)

愛媛県。南伊予駅は伊予市駅より北にできる。2020年に運用開始予定。

おまけ2 洗足・北千束

東京都。北千束駅は洗足駅より南にある。洗足と千束は表記の異なる同じ地名だが千束のほうが古い表記。