生活リズムの応用

昔の職場はシフトが3種類あった。これを週交代でやっていたのがやめた原因の一つでもあるが、意外に今考えると学びもある。

  • 0900-1800
  • 1700-0200
  • 1900-0400

の3つである。人によって差があったが、個人的には実は1700-0200勤務が一番楽だった。その理由をいかに考察したい。

0900-1800勤務

日勤。通常通り朝起きて昼はたらいて夜帰るパターン。このシフトだと朝の自由時間がなく、仕事の後はそれなりの疲労と暗い夜道の効果もあり、自由時間ではあるが家につくとすでに眠いという状況になりやすい。つまり実質自由時間がない。

1900-0400勤務

いわゆる夜勤。仕事明けて帰るころには(季節にもよるが)残念ながら日が昇ってしまうので目が冴えてそのまま昼前まで起きている事が多い。11時過ぎたら寝るパターン。カーテンの遮光等級1級が必須。起きるともう夕方なのでそのまま出勤。つまり生活パターンとしては実は日勤と変わらない

1700-0200勤務

いわゆる夕勤。これがなぜ最高かというと、勤務後に家に帰ってもまだ夜だからである。つまりかえって軽く食べてそのまま寝るという流れが可能になる。すると10時くらいに起きる。そこから17時まで昼が丸々自由時間になる。つまり起きてから長い自由時間を過ごし、適当に体が温まったところで仕事に行って帰ってきたら即寝るというパターンである。

やってみるとよく分かるが夕勤のメリットはでかい。つまり仕事は後回しにして、起きたらまず自由に過ごしたほうが最終的に色んな面で楽ということである。世の中の殆どはこれを無視して起きたらまず働けとされているから、仕事後の自由時間を疲労の中、無為に過ごしてしまうのである。

このパターンを通常の日勤に取り入れようとすると、仕事明け帰ったら軽く食べて速攻で寝て朝3時くらいに起き、やりたいことをやりまくってから9時に間に合うようにデレッと出勤する感じになる。こう書くと簡単そうだがなかなかそうもいかない。

この生活リズムに持っていくこと自体はそんなに難しくないと思う。生活リズムを変える上で最大の障害は明るい時間帯に寝始めることだと思うが、このメソッドなら19-20くらいに寝ればいいからそこは問題ない。たぶん明日からでもできる。一番困るのは起きてから出社するまでの間に町が眠っていてほとんどどこも利用できないことだ。したがってこの自由時間にできることはかなり限定されている。なにか自室で静かにできるようなこと(勉強とか作曲とか筋トレとか動画作成とか)であればよいが、どこかに出かける必要がある行為はなかなか難しいように思う。あと他人はこのリズムに巻き込めないので基本は一人暮らし前提だし、日が落ちると早々に友人らと連絡が取れなくなるというデメリットもある。

ともあれ普段の仕事がそこまで体力的に厳しくないなら実践してみる価値はじゅうぶんある。仕事なんて出勤してしまえばどうせ勝手に真面目にやってしまうのだから(人によるかもしれないが)それプラス自由時間も充実させるに越したことはない。食事のタイミングだけ少し難しくなるがまあなんとでもなろう。